広い広い海が夕日色に染まるとき、みな、優しい心になれる・・・
トップページ > さんぽく地区 > おまんの鏡岩

〜おまんの鏡岩〜(小俣地区)
(山北町教育委員会:平成8年3月1日発行
「さんぽくの昔話」第3集より抜粋)
山 北 弁 の 語 り 標 準 語 の 語 り
むがし あったけど。 むかし あったと。
芦谷に 助蔵どんと いう 大(お)っきだ 船持ぢ あって
おまんという めんこい むすめ いだけどや。
芦谷に 助蔵どんという 大きな 船もちの 家があって、
おまんという かわいい むすめが おったと。
なに不自由のない くらし していだども ある年 助蔵どんの
船は、 大しけに あってなんぱ(※1) したけど。
なに不自由のない くらしを していたのだが ある年 助蔵どんの
船は 大しけにあって こわれてしまったそうだ。
おまんは、杉平(すぎのでぇ)(※2)の
親方(おやがだ)(※3)の 家に
やどい奉公に行(え)がせられたけど。
{それで}おまんは 杉平(すぎたいら)の
{村一ばんの金もちの}親方(おやかた) という家に、
すみこみの奉公人(ほうこうにん)に やらされたそうだ。
きりょうよしで はだらぎもんだあんで
「おまん、 おまん。」
てで みんなに めんごがられだけど。
きりょうよしで はたらきものなので、
「おまん、 おまん。」と、
みんなから かわいがられたと。
そのころ 小俣(おまだ)の 源左衛門の おんじで
杉平の 大工の家に 弟子入り してだ
源四郎 ででいう 若衆(わかぜ)が いだけどや。
そのころ 小俣(おまた)の 源左衛門(げんざえもん)の 子で
杉平の 大工の家に 弟子入り していた
源四郎(げんしろう)という 若者が いたそうだよ。
おまんは 山がら
グリミキ(※4)だの
スモモだの もいで来て 源四郎に くれるけど。
おまんは 山から
{おいしい延齢草(えんれいそう)の実の}グリミキだの
スモモだのを 取って来て 源四郎に あげたと。
源四郎は 大工ださげ 桐下駄 うって
おまんに とどけだけどや。
源四郎は 大工なので 桐の木の 下駄を こしらえて
おまんに とどけた そうだ。
ふたりは だんだん おもしゅう(※5) なったけど。 二人は だんだん すき合って いったんだと。
そのうぢ ゆき 振ってきて、 年夜(としや)の晩に
年季(※6) あげで、源四郎は
小俣へ 帰っていったど。
そのうちに 雪が 降ってきて、 大みそかの 晩に
{いちにん前に なって}弟子の つとめを おえた 源四郎は
小俣へ かえって 行ったと。
春 なって、桃の花咲ぐころ おまんは
こっそり 源四郎のわどご 行って
春になって 桃の花の 咲くころ、 おまんは
こっそり 源四郎の ところへ {会いに}行って、
「冬じゅう 会わいねあんで
さびしけ さびしけ。」
「冬のあいだ 会わなかったので
さびしかったよ さびしかったよ。」
でで 話し合うだけど。 って、 話し合ったと。
それがら おまんは 毎ばん 毎ばん 源四郎わどげ
通うように なったけどや。
それから おまんは 毎ばん 毎ばん 源四郎の ところへ
通うように なったということだよ。
りこうだ おまんは、 白装束(※7)して
かみは さんばらに ふりみだして 頭にゃ糸とりわぐに
ろうそぐ三本 とぼして、 口にゃ くし くわいで
魔ものの すがだして通うあんだけど。
りこうな おまんは 白い着物を 着て
かみは ざんばらに ふりみだして、 頭には 糸とりわくに
ろうそく三本ともして 口には くしを くわえて
魔ものの すがたをして 通うのであったと。
小俣の 笊の淵まで 来っと 大きい岩の上に
鏡 たでで かみ なおして、着物 着がえで
源四郎わ どけ 来るあんだけど。
小俣の 笊(ざる)の淵まで 来ると 大きい 岩の上に
鏡を 立てて かみを なおして 着物を 着がえて
源四郎の家の ところへ 来るので あったと。
そうしたば、
「小俣の浜道(はまみぢ)にゃ 化けもん 出る。」
でで、ひょうばんに なったけど。
すると、
「小俣の 浜の方へ 出る 道には 化けものが出る。」
と ひょうばんに なったそうだ。
このごど 杉平の 親方 聞きつけで、 このことを 杉平の 親方が 聞きつけて、
「よその むすめ あずかって きずもんにしては
ならねい。」
「よその むすめを あずかって もしものことが
あっては ならない。」
でで おまんなこと ひま くれだけど。 と、 おまんに ひまを くれたと。
芦谷に 帰った おまんは、源四郎わごど
こいしゅうで こいしゅうで こんどは、芦谷がら 通うあんだけど。
芦谷に 帰った おまんは、 源四郎のことが
こいしくて こいしくて こんどは 芦谷から 通うので あったと。
そうしば 小俣の むすめだぢゃ そうしたら 小俣の むすめたちが、
「芦谷の おまんが なんぼ きりょうよし でも 源四郎わごとは
わださんにゃ わださんにゃ。」
「芦谷の おまんが なんぼ きりょうよしでも、 源四郎のことは わたされない わたされない。」
でで りんき(※8) したど。 と やきもち やいたと。
この話 聞いだ おまんは、
「だいじだ 源四郎どは いっしょに ならんね。」
でで 岩の上がら 笊のう淵 身 なげだけど。
この話を 聞いた おまんは、
「だいすきな 源四郎とは けっこん できない。」
と 岩の上から 笊の淵へ 身なげしたと。
お月さまは、 おまんの 白装束を さびしょで
てらして いだけどや。
お月さまは おまんの 白い着物を さびしくて さびしくて
てらして いたそうだよ。
今でも この岩ごど 「おまんの 鏡岩」 でで 呼んでいんざい。 今でも この岩のことを、 「おまんの鏡岩」って 呼んでいるよ。
小俣の むすめだぢゃ りんきしたごど
盆唄に 歌(う)どでいんざい。
小俣の むすめたちは やきもち やいたことを
盆歌(ぼんうた)にも うたっているよ。
小俣 笊の淵や 昼でも すごい
 芦谷 おまんの がぎゃ 夜 通うだ
小俣 笊の淵は 昼でも すごい
 芦谷 おまんの 餓鬼(ガキ)ゃ 夜 通うた




※1 なんぱ ==== 暴風雨などで船がひどく壊れること。 山北町観光協会より拝借  小俣白山神社
※2 杉平 ===== 地名・もと「すぎのだい」、今「すぎだいら」という。
※3 親方 ===== 村いちばんの実力者。ざいさん家。
※4 グリミキ ===  エンレイソウの実。直径1.5センチ位。おいしい。
※5 おもしゅうなる = 面白くなる。ここでは、好きになる。
※6 年季 ===== 弟子入りしなければならない年限。
※7 白装束 ==== まっ白い着物。ぜんぶが白いよそおい。
※8 りんき ===== 男女のやきもち。しっと。
トップページ 夕日会館 笹川流れ さんぽく地区 お問い合せ
Copyright Michinoeki Sasagawanagare. All Rights Reserved.  許可なく文章、写真の転載・引用を禁じます