広い広い海が夕日色に染まるとき、みな、優しい心になれる・・・
トップページ > さんぽく地区 > 山北の雑煮












◆ さんぽくの雑煮 ◆
◆材料
(分量はお好きなだけ)
・にんじん   ・ごぼう   ・糸こん   ・長ねぎ   ・お餅   ・ちくわ(または油揚げ)   ・とり肉(もも肉)
◆下準備
(ちくわの代わりに油揚げを入れる場合)
・油揚げの油抜きをする
◆作り方
1) 「ささがき」にしたごぼうを、水をはったお鍋に入れる。
(水から入れるとアク抜きになります。)
2) 沸騰したら、中火にして「ささがき」にしたにんじんを入れる。
3) 一口大に切ったとり肉を入れる。
(注:非常にアクが出るので、アク抜きを何度かしたほうが好ましい。)
4) ちくわ(または油揚げ)を入れる。
5) お醤油を入れる。
6) 弱火にして、いよいよメインのお餅を入れる。
7) 長ねぎを入れる。
◆おいしさ追求
・シイタケを入れる。(だしが出るため)
・油揚げを厚揚げにする。
・みりん(または砂糖)、料理酒を少量入れる。
・春菊、芹などの香味野菜を入れる。
・お餅を軽く焼き、お椀に入れておく。(形が崩れないため)
・「作り方 1)、2)、3) 」まで終わったら、軽く沸騰させ、ザルに移して水洗いすると、何度もアク抜きをせずに済む。
◆生活の知恵
お正月に残った食材(かまぼこ、卵焼きなど)を入れると、冷蔵庫が片付いて良いでしょう。
トップページ 夕日会館 笹川流れ さんぽく地区 お問い合せ
Copyright Michinoeki Sasagawanagare. All Rights Reserved.  許可なく文章、写真の転載・引用を禁じます