広い広い海が夕日色に染まるとき、みな、優しい心になれる・・・
トップページ > さんぽく地区 > 山北のおびら












◆ さんぽくのおびら ◆
※「ひら」とは、平椀の略。
  底が浅く平たい椀を指しますが、それに盛った料理を指す事もあります。この場合は後者が語源と思われる。
◆材料
(分量はお好きなだけ)
・にんじん   ・ごぼう   ・糸こんにゃく   ・干しいたけ   ・とり肉   ・イクラ(山北弁で「はらこ」)
◆下準備
・干しいたけを、さっと洗って水でもどす。もどし汁は使うので、捨てない。
◆作り方
1) とり肉は、一口大に切り、にんじん、ごぼうを千切りにする。ごぼうはアク抜きをする。
2) 糸こんにゃくは、湯通しして、軽く切る。
3) 干しいたけがもどったら、「じく」を取ってうすく切る。
4) 油を引いた鍋に、にんじん・ごぼう・糸こんにゃく・干しいたけ・とり肉を入れ、軽く炒める。
5) 4)に、しいたけのもどし汁・水を入れ、煮る。
6) アクを取り、しょうゆ・酒などで味をととのえる。
7) 火を止め、イクラを入れフタをし、冷ます。
◆おいしさ追求
・薄揚げ、なると、ちくわ、かんぴょうなどを入れると、見栄えが良い。
・とり肉は、自分の好きな部位・または好みで可。
・ごぼうの食感がお好きな方は、4)または5)で一番最後に加える。
・7)で、具が冷めない内にイクラを入れると、かたいイクラになります。ある程度冷めてからイクラを入れると、表面が柔らかいままのイクラとなります。お好みで、タイミングを調節して下さい。
◆生活の知恵
とり肉の替わりに、鮭などの魚を加えても良いかも知れません。
トップページ 夕日会館 笹川流れ さんぽく地区 お問い合せ
Copyright Michinoeki Sasagawanagare. All Rights Reserved.  許可なく文章、写真の転載・引用を禁じます