広い広い海が夕日色に染まるとき、みな、優しい心になれる・・・
トップページ > 笹川流れ > 笹川流れの由来
 笹川流れの由来

今や美しい海の代名詞といってもいい、見事な景観を誇る延長11kmの笹川流れ。

 その名は、
岩の間を盛り上がるように流れる潮流を、中心地笹川集落の名にちなんで付けられたといいます。

  四季おりおり、それぞれの魅力を放つ笹川流れ。

   一度訪れたら、この素晴らしい風景のとりこになることうけあいです。

     昭和2年に国の名勝天然記念物に指定されています。
 












眼鏡岩 びょうぶ岩 にたり岩
眼鏡岩 びょうぶ岩 ニタリ岩
美しい笹川流れの景観を、
より高めてくれます。
大きな岩山が、まるでびょうぶのように
立ち並びます。
源義経を笑わせたという、
ユーモラスな岩。

恐竜岩

蓬莱山

遊覧船
恐竜岩 蓬莱山 遊覧船
恐竜が、両手をついている
姿を連想させます。
どっしりとした構え、
山のようにそびえます。
海岸からの眺めとは違う、
美しい景観をご覧下さい。

笹川流れの風景ウォッチングは、遊覧船から見るのがポイントです。
それは、海岸に突き出た花崗岩が日本海の浸食によってさまざまに変化しているのが、手にとるように見えるからです。
どうぞ、自然が造り出した雄大な造形、美しさを存分にご鑑賞ください。
トップページ 夕日会館 笹川流れ さんぽく地区 お問い合せ
Copyright Michinoeki Sasagawanagare. All Rights Reserved.  許可なく文章、写真の転載・引用を禁じます